ダイヤといったジュエリーは修理やリフォームで蘇る

ジュエリーの保管方法

ダイヤモンド

間違った保管方法を行わない

ダイヤが付いたジュエリーなど保管をする時には、注意点が何かと必要になります。まずは劣化を防ぐためにも、日光が当たらない場所に保管をするように心がけましょう。なぜなら、ダイヤなどの宝石類も紫外線によるダメージを受けやすいからです。ジュエリーを保管する時に、何故か乾燥剤を一緒に入れる方がいますが、それはやめましょう。ジュエリーには適度な通気性は必要ですが、乾燥剤が劣化の要因になることがあります。そのため、保管の際に乾燥剤などを交えて保管をしないように注意が必要です。リフォームをして新しいデザインに生まれ変わらせる時にも状態が良い物がいいですよね。そのためには、きちんとした保管方法を行うことが不可欠です。

お手入れとその他

状態の良いジュエリーを保つためには、こまめにお手入れが必要です。ダイヤにも同じことが言えるのですが、意外にも油分を吸着してしまうものがあるためです。油分は私達の皮膚から出ているものも含まれています。そのため、毎日付けるジュエリーこそお手入れが大切になります。お手入れはとても簡単で、特別なことは必要ありません。ぬるいお湯で、優しく洗い流すだけで充分です。汚れが落ちやすくなるからと言って、力いっぱいに歯ブラシなどでこすってはいけません。ジュエリーは繊細なので、キズがついてしまう可能性があるので強くこするのはやめましょう。そしてジュエリーは小さくて細々しているからといって、小さな保管箱にさまざまなジュエリーをまとめて保管しないようにしましょう。その理由は、他のジュエリーと適度な間隔をあけずに混ぜて入れてしまうと、ジュエリー同士がぶつかり合ってキズがつく原因につながるからです。そのため、ジュエリーを保管する際は、ジュエリー同士が触れないくらいの間隔をあけて保管することが大切です。ネックレスなども、保管を誤るとチェーン部分が絡まって取れなくなったりする要因になります。絡まりを防ぐには、他のものと混ぜずに単体で保管してあげることが大事です。仕切りのあるケースなどは活用できます。

ジュエリーの気になること

大切なジュエリーを修理やリフォームを行なって、長く利用することはとても大切なことですよね。リフォームをするだけでも、生まれ変わったようにイメージチェンジすることも可能になります。ここからは、ジュエリーにおける修理の素朴な疑問などを紹介していきます。他にも人気の指輪のデザインなどをランキングで発表しています。このランキングを参考に、リフォームする時にデザインを考えることが出来るでしょう。

ジュエリーの修理についての疑問

切れたネックレスの修理はどれくらいの料金?

修理専門店や修理依頼を受けるネックレスチェーンによって料金は異なりますが、K18のなどのチェーンであれば約1000円ほどの料金が多いでしょう。リフォームの際に、付け替えるときの参考にもなるので覚えておくといいですよ。

予算通りに修理を行なってもらえますか?

はい。修理は依頼主の相談を考慮した上で修理を施していきます。そのため予算内でジュエリーの修理が行えますよ。また、リフォーム依頼も同じことが言えます。どういったデザインにしたいのか、イメージをしっかり固めれば、きちんと希望通りのものが出来上がるでしょう。

人気の指輪デザイン

no.1

ダイヤが主役になる

日常生活でも差し支えないサイズのダイヤがセンターにある指輪のデザインは、やはり定番といったデザインと言えるでしょう。程よく豪華さも演出出来ることから、リフォームをする際にもよく選ばれています。

no.2

憧れの存在

高級感と豪華さが一気に表現出来るエタニティリングは、誰もが憧れる存在です。豪華で存在感のあるデザインであることながら、他の指輪と重ね付けをしても邪魔をしないところもこのデザインの良さとして支持されています。

no.3

個性を出せる

ストレートな曲線が多い指輪が多い中で、ウェーブのかかったリングは非常に人気が高いです。個性をデザインで表現しながらも、華奢で繊細な印象を持つことが出来ます。リフォームをしてまた違った印象を求める人に最適でしょう。

広告募集中